介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

求人の探し方の比較

介護職の求人を探す方法をご紹介しています。それぞれに求人探しの方法を比較して自分に合ったものを選びたいという方は是非ご覧下さい。

転職エージェントの利用、ハローワークの利用、友人の紹介など、求人の探し方は多岐にわたります。それぞれの特徴を押さえたうえで、自分に合った方法を選びましょう。現在最もメジャーな転職サイトを利用する方法を当サイトでもオススメしています。

5つの求人探しの方法の比較

転職エージェントの利用

当サイトでは最もオススメしています。介護施設の求人情報をサイトにまとめて掲載し、転職する際には、転職希望者の徹底サポートをしてくれます。

転職エージェントの利用メリットは、非常に多くありますが、一番大きいのが専任のコンサルタントとの面談です。現在の介護の仕事の不満を伝えることで、それを元にあなたに合った介護求人を探してくれます。また、面接対策や日程調整などもすべてやってくれます。

逆にデメリットは、アドバイザーによって意見のばらつきがあることです。転職のプロとはいっても、人間なのでそれぞれの意見を持っています。この問題を解消するために、複数のサイトに登録して、客観的な判断をすることをオススメしています。

ハローワークの利用

転職エージェントが出てきたことで、最近は利用者が減っていますが、まだ一定数の介護転職者が利用しているようです。尚、在職中の方でも利用可能です。

ハローワークを使うメリットは、転職エージェントでは補いきれない求人情報が地方にもいきわたっていることです。全都道府県に設置されているので、地方の方でも気軽に訪れることができます。

一方、デメリットもあります。それは、職場の内情を知れないことです。転職サービスではコンサルタントから詳しい情報を聞けますが、ハローワークではあくまで表面的な情報から選ぶ必要が出てくるため、正確性に欠けます。

求人情報誌、折り込みチラシの利用

よく駅の構内やコンビニの入り口付近に置いてある求人情報誌を利用する方法、折り込みチラシを利用する方法です。

一番の良さは、近くの職場が記載されていることです。求人情報誌などは、場所によって区切られた求人情報のみを掲載しているため、家の近くのコンビニや駅にあるものを利用することで近くの求人情報が見つけられることです。

デメリットは、求人情報の数が少ないことです。転職エージェントを利用すれば、数万件の求人情報にアプローチできますが、求人情報誌や、折り込みチラシはせいぜい数十件程度でしょう。

友人・知人からの紹介

家族つかながりの知人、介護の専門学校の時の友人から求人を紹介してもらう方法です。思っているより簡単に紹介を受けられます。

友人紹介のメリットは、職場の内情を知れることにあります。転職エージェント以外の方法だと、文字のみから選ぶことしかできませんが、実際に仕事をしている友人からの紹介では、人間関係や、忙しさなど、求人情報からだけでは分からない情報も手に入ります。

一番のデメリットは、一度仕事を始めるとやめにくいことにあります。友人に紹介してもらって働くわけなので、自分が辞めてしまっては、友人に迷惑がかかります。また、少ない選択肢から職場を選んでしまうこともデメリットの一つです。

自分で直接応募

普段歩いているときに見かけた介護施設に問い合わせたり、ホームページのお問い合わせ欄から自分で直接連絡する方法です。

自分で直接応募するメリットは、やり取りの速さです。他の選択肢では何かしらの仲介が必要になるため、何かアクションを起こす際にはいちいち手間がかかってしまいます。その煩わしさが気になる人は直接するのがお勧めです。

デメリットは、判断材料が少なすぎることです。求人情報も見ずに、誰のアドバイスを受けることもなく転職するのは、リスクが大きくなりがちです。転職は初心者の人が多いので、何かしらに頼るほうが良いでしょう。

オススメの介護業界特化型の転職エージェント

転職するための求人の探し方に関して解説してきましたが、先述したように当サイトでは、介護専門の転職エージェントを利用することをオススメしてきます。

プロからたくさんのアドバイスを受けながら、多くの求人情報から客観的に転職活動を行うことができます。転職エージェントを比較して、ランキング形式でご紹介しているので、是非活用して理想的な転職活動を送ってください。

サイト利用やコンサルタントとの面談はすべて無料ですし、簡単にサービス停止もできるので、転職を少しでも考慮に入れている方は、是非活用したいところです。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の転職ノウハウ