介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

面接でよくある質問-条件編

転職の面接の際に余っ聞かれる条件面での質問に関して、取り上げて解説をしてきます。

転職でよくある5個の質問とその解説(条件編)

1.あなたを採用した場合、いつから勤務できるか教えてください。

これは、条件面の質問として、多くの場合で聞かれます。勤務可能な日で、できるだけ早い日を伝えましょう。特に、転職として面接を受けている場合は、施設に欠員が出ている可能性が高いため、それを考慮して早い日程に入れる尼を伝えると、イメージが上がります。

2.シフトの勤務日に関して、ご希望があれば教えて下さい。

これは、正社員以外で、非常勤やアルバイト、そしてアルバイトの面接の際には聞かれる可能性が高い質問です。入れる日程をできるだけ多く伝えましょう。介護施設側からすると週1日~週2日のみ可能だと言われても採用しにくいのが現状です。

3.夜勤もありますが、大丈夫ですか。

夜勤のある施設では、よく聞かれます。「大丈夫です」とはっきり伝えることが大事です。それに加えて、「前の施設でも夜勤をしていましたが、一日も体調を崩さず続けていました」などというような体力を立証できるエピソードがあれば説得力が増します。

4.力仕事がありますが、大丈夫ですか。

介護施設の中には、力仕事が必要となる仕事がたくさんあります。特に女性の場合には、質問される可能性が高いです。これに関しても、「大丈夫です」と自信を持って言うことが大事です。これに関しても、「前の介護施設でも力仕事をこなしてきました」という具体例を交えると良いでしょう。

5.休日にセミナーや講座を受けられますか。

資格取得のためや、介護技術の向上のために休日を利用してセミナーや講座を受講するように言われる可能性があります。ずっと受け続けるわけではないので、何か理由がある場合を除いて了承するようにしましょう。もし、理由があって厳しい場合は、嘘をつかずにその尼を伝えましょう。

面接の条件を問う質問が不安であれば、転職エージェントに

条件面の質問の際には、こちらが不利になる場合も多くあります。例えば、「夜勤があるけど大丈夫ですか」といわれたときに、本当は厳しいのに「はい」というしかない状況や雰囲気があると思います。上記では「大丈夫です」と伝えることをオススメしましたが、身体の状況として、厳しいのであれば、正直に伝えましょう。
その際に、面接の場に自分の味方として、転職エージェントのコンサルタントが同席していると非常に心強いと思います。給料や休日の有無など、不利な交渉を面接時にされるのを防ぐためにもコンサルタントに同席してもらって、面接対策をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。