介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

介護職未経験者の転職のポイント

介護職を未経験の方が介護職への転職を考える際に知っておきたい成功のポイントをご紹介します。

未経験者の転職が増加している?

実は、近年介護の仕事はしたことがないけど、介護職への転職や求人探しをしようとしている人が増えています。介護職の需要は、高齢化の流れの中でどんどん増していきますので、良い選択だと言えます。
これらの人が介護職を志望するのは、「自分の両親の介護をしていて興味を持った」、「将来なくなることがない安定した仕事に就きたい」などという理由があるからだそうです。
そういった、未経験だけど介護職の良い求人を見つけたい、転職をしたいという人に対して、いくつかポイントをご紹介したいと思います。

未経験者の転職、たった3つのポイント

1.介護業界について知る

いままで、介護職が未経験だと、比較的大変といわれてる介護の仕事を本当にこなせるのか、というのが一番に疑問に持たれます。そんな時に、この業界で仕事は経験していないけど、しっかり調べて大変さなども理解した上で転職を考えてることがわかれば、雇う介護施設側も安心して仕事を任せることができます。インターネットや本、そして既に介護の仕事についている人からのアドバイスなど、総合的に情報収集して介護の仕事への理解を深めましょう。

2.転職先について知る

介護の仕事は、転職先の施設形態や事業形態によって、大幅に変わってきます。ですので、転職を希望するのであれば、その転職希望先の事業形態に関しては少なくとも理解を含めておく必要があります。

入所型の介護サービス

よく、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどというのを聞いたことがあると思いますが、それらが入所型の介護サービスに当たります。利用者が施設内に入居するので、一日24時間ずっと介護することになります。
そのため夜勤が必要になる可能性があるので、気を付けてください。入所型の施設で正社員として仕事をするのであれば、ほぼ夜勤があると思っていて下さい。

通所型の介護サービス

訪問介護や訪問入浴といったサービス形態がこれに当たります。ホームヘルパーという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、ホームヘルパーはこれらのサービスを提供する人を指します。
利用者の生活の介助を行うのが仕事になります。場合よっては、掃除や料理といった生活の補助のような形になることもあります。

訪問型の介護サービス

デイサービスやデイケアという形態がこれに当たります。聞き慣れない言葉かもしれません。通所型なので利用者は、宿泊することなく日帰りとなります。入浴や食事の補助を行います。
入所型と比較して訪問型のサービスでは、レクリエーションなどのアミューズメント要素が多いのも一つの特徴となります。
h3>3.介護の資格取得について知る

介護業界で仕事をするのであれば、少なくともホームヘルパー2級は持っておきましょう。介護労働安定センターの調査によると、介護労働者のうち5割近くがホームヘルパー2級、3割以上が介護福祉士の資格を持っていることがわかります。介護資格を持っていないと転職ができないというわけではありませんが、その場合には就職後に仕事をしながら資格取得を目指すことになります。早めに取っておくに越したことはありません。

しっかりキャリアプランを立てたいのであれば転職エージェントを利用する

未経験者の転職に必要なことに関して説明してきましたが、もっとしっかりした対策をしたい、今後のキャリアを考えたいというのであれば、転職エージェントを利用しましょう。
そうすれば、それぞれの状況に合ったノウハウを教えてくれ、より将来を見据えた、充実した転職活動が可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。