介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

好印象の応募書類のポイント

転職の際の応募書類において、書類を受け取る希望の職場の印象をUPさせるような書き方をご紹介していきます。

転職の応募書類で見られる3つのポイント

1.志望動機がはっきりしているか

転職の応募書類、履歴書を書く際には、志望動機が一番のポイントになります。転職を考えるということは、何か理由があるはずですし、その理由がはっきりしていれば、その分転職後の仕事を頑張ってくれるという印象を与えることが可能です。
介護職未経験者の場合には、「なぜ介護業界か」というところに注力して書き、経験者の場合には、「介護業界の中でもこの会社(介護施設)か」というところに力を入れて書きましょう。
未経験者の場合は、「母の介護をしているうちに、介護という仕事に興味を持ち、今後はより多くの人を介護によって幸せにしていきたいと考えた」などという介護業界に対する志望動機であれば、非常にわかりやすいです。
経験者であれば、「現在は介護福祉士として仕事をしていますが、今後はもっとキャリアアップを目指して、難易度の高い資格に挑戦していきたいので、資格取得支援制度のある施設が良かった」などという相手の介護施設に対する志望動機であれば説得力があります。

2.職務経歴に実績が書かれているか

これも大事なポイントです。転職をしてこれから仕事をするのですから、実績があってそれをしっかりアピールできる人材を施設側が求めるのは自然なことです。
介護の仕事での経歴を書くのが理想的ですが、未経験からの転職活動であれば、違う業種においての経歴でももちろん大丈夫です。
例えば、介護職の経験者はであれば、「2年間の訪問介護業務を通して、利用者の方の望んでいることを理解し、それに対して適切な対応をするという介護コミュニケーションの大切さを学びました」などという書き方をしましょう。
介護職未経験者でれば、「飲食店の店長として、店舗利用者へのアンケートの実施や聞き取り調査を行い、サービスの質を向上させることに貢献してきました」というように、介護の仕事においても生かせると感じさせるような職務経歴を書きましょう。

3.文字や表現を丁寧に書く

こういう書き方をすると、「文字汚いし・・・」などと心配される方がいますが、綺麗と丁寧は違います。必ずしも綺麗である必要はありません。それよりも、じっくりと時間をかけて書いた応募書類は、見れば伝わります。
介護の仕事をすると、書類を書く場面が出てきます。それを考えると、採用する施設側からしても、応募書類を丁寧に書けない人は、仕事を始めて介護記録を書く際に丁寧に書いてくれることは想像できません。

転職エージェントを利用すれば、応募書類対策もバッチリ

これまで、転職の際の応募書類の書き方に関して説明してきましたが、志望動機や職務経歴はもちろんそれぞれの人によって全然違うはずです。
ここで記入例などは示しましたが、これはあくまで、一般論でありあなたが書くべき内容はまた別に存在します。もちろん参考にすることはできますが。
あなたにピッタリの応募書類を書きたいというのであれば、転職エージェントを利用するとスムーズです。転職のプロがビアリングを重ねて、履歴書の書き方を一から指導してくれるので、自分でやるより大幅に時間の削減ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。