介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

転職希望者へのアドバイスは?

転職を果たした人に「転職希望者へのアドバイスは?」というテーマで体験談に基づいて回答してもらい、その一部をご紹介します。

5つの体験談-「転職希望者へのアドバイスは?」

1.流通の事務職員から民間事業所のホームヘルパーへ

転職の際には、職場の見学は行った方が良いそうです。この方の場合は、転職の際に本社で一括の採用だったため、どんか職場で、どこにある施設で仕事をするかを入職後に初めて知ったそうです。運よく、仕事の環境はよかったけども、見学に行ってから転職を決めることは重要だそうです。

2.老人保健施設の介護職員から民間事業所のケアマネジャーへ

転職の面接の際には、労働条件の確認は必須だそうです。面接は給料や労働条件に関して質問するのが難しく感じますし、それで選考から漏れる可能性もあるかもしれませんが、今後その職場でずっと仕事をすることを考えると重要だそうです。

3.医療機器の営業担当者から有料老人ホームの介護職員へ

仕事を実際に始める前にボランティアとして働き始めるのが良いそうです。施設によっては、時間に追われすぎてしっかり利用者と話すことができないところや人間関係がぎくしゃくしていて仕事をしづらい場合も多くあるので、大切なことだそうです。

4.メーカーの営業担当者から特別養護老人ホームの介護職員へ

雇用の条件に関しては聞いておいた方が良いそうです。給料が求人の額より低い、正社員としての採用とあるのに実は非正社員だった、などということが多くあるので、面接時に確認するだけでなく書類までもらうようにするとそのようなことがなくなるそうです。

5.民間事業所のケアマネジャーから在宅介護支援センターのケアマネジャーへ

ケアマネージャーの場合は、環境によって仕事の内容が変わってくるので注意が必要だそうです。例えば、在宅介護支援センターの場合は、高齢者の自立支援などの業務も加わってくるので、ケアマネジメントだけをしたいという人にとっては、不満が起きやすいのだそうです。

労働条件の交渉がしたい、職場の内情が知りたいなら転職エージェントへ

上記では、転職を既にしている方からのアドバイスをご紹介しましたが。その多くが、「労働条件を確認しておくべき」、「職場の内情を知っておくべき」といったものでした。つまり、求人情報誌だけからでは分からない部分の知識を調べるべきだということです。こんな時に転職エージェントに登録していれば、専任のコンサルタントが人間関係など職場の細かい事情を教えてくれるのはもちろんのこと、給料や勤務時間などの労働時間の交渉まで行ってくれます。転職の強気見方がいることで、転職の成功率はグッと上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。