介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

パート・アルバイトへの転職

介護業界におけるパート・アルバイトの特徴や給料、メリット、そしてパート・アルバイトの転職に関してです。パート・アルバイトへの転職をお考えの方は参考にしてください。

パート・アルバイトとは

今までパート・アルバイトをされたことがある方も多いと思います。パート・アルバイトとは、一定の期限を定めて仕事をする雇用形態を指します。雇用元は勤務する企業となります。

特徴

アルバイトやパートとして介護のお仕事をされる方は多くいます。一番の特徴は正社員などと違い、時間や場所において柔軟な勤務をすることができます。また、長期間働くことを前提としない雇用形態なので、自分の事情に合わせて転職する手間も、正社員と比較すると大幅に楽になります。この特性を利用して、多くの会社に入り、色々な業務を経験することもできます。

介護業界では、専門的な資格が多くありますが、パートやアルバイトであれば、特に専門的な技能はいらず、仕事をしながら覚えていくという形が多くなっています。主にサポート役に回ることも多いため、責任がそこまで重くなく、精神的な負担も少ないのが魅力です。

給料・年収

アルバイトやパートの給料は、基本的には働いた時間分のみ支給されるスタイルが多いです。そのため、正社員などとは違い、基本的には賞与はなく、仕事をやめる際も退職金なども出ないことが多いです。

介護業界における、パートやアルバイトの給料は、勤務する施設、場所などの様々な条件によって違いがありますが、一般的には時給800円~1500円程度が相場です。ある程度勤務を続ければ昇給することもあります。また、施設よりも訪問介護の方が給料が高い傾向があります。

パート・アルバイトのメリット

パート・アルバイトの特徴に関して話してきましたが、パートやアルバイトという雇用形態には様々なメリットがあります。そのうちの3つを下記でご紹介します。

  • 会社に拘束されない自由な勤務ができる
  • 責任の重い仕事をすることが少ない
  • 介護業界での勤務経験や資格がなくても仕事ができる

会社に拘束されない自由な勤務ができる

最寄駅付近で働きたいなど場所に関する希望、夜は仕事を入れたくないなど時間に関する希望など自分の持つ様々な要望をかなえることができます。そのため、資格の勉強をしながら実務も学びたい、家事の合間に仕事をしたいなど、それぞれのライフスタイルに合わせて仕事をすることができます。

責任の重い仕事をすることが少ない

パートやアルバイトの場合は、介護事務やサポート的な役回りが多いため、そこまで責任を求められることはありません。ですので、他にやることがあり、仕事において肉体的にも精神的にもあまり負荷をかけることなく勤務が可能です。

介護業界での勤務経験や資格がなくても仕事ができる

社会福祉士などの国家資格、ケアマネなど介護業界には様々な資格があります。正社員であれば、最低でもヘルパー2級などは取っていないと厳しいですが、パートやアルバイトであればそこまで求められることはありません。また、初めて介護業界に勤務する、ブランクがあるなどの場合でも問題ありません。

パート・アルバイトはこんな方にオススメ

パートやアルバイトという雇用形態の特徴や給料等のお金に関すること、メリットなどに関して、ここまで話しましたが、下記のような人はパートやアルバイトとして介護の仕事をするのに向いています。

  • 他の事と両立しながら、仕事をしたい
  • 介護に関する資格や特別な技能をもっていない
  • 精神的、肉体的な負荷をかけたくない

パート・アルバイトへの転職を成功させるポイント

介護業界でパート、アルバイトの求人情報探しをする上で大切なことは、雇用先の企業と、勤務体系に関してあらかじめ話しておくことです。パートやアルバイトは立場上、採用時に話されなかった業務を任されることや、理由をつけられて求人情報に記載されていた給料より低くされるなどの悪い待遇を受けることがあります。

これらを防ぐためにも、雇用の条件に関してあらかじめ会社と失火路話すことをおすすめします。しかし、給料のこと、勤務時間の調整などは入社する前に聞きづらいと思います。それらの際に転職エージェントを利用していると専任のアドバイザーが自分の代わりに給料の交渉など自分ではやりにくいことを代行してくれます。

パート・アルバイトへの転職にオススメのサイト

介護業界のパート・アルバイトへの転職をお考えの方、またはそれらの求人をお探しの方におすすめのエージェントは下記のサイトになります。

その他の職種への転職