介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

有料老人ホームの介護職へ

有料老人ホームの介護職(正社員)に転職した男性の体験談です。もとは、通信会社に勤務していましたが、転職を果たしました。参考になると思うので是非ご覧ください。

有料老人ホームの介護職への転職(20代半ば・男性)

どういう経緯で転職をした?

現在、子供が保育園に通っています。大学を卒業して、1999年に新卒で通信会社に入りました。会社内の先輩が転職の話などをしていて、そういう決断も面白いなと思っていました。そんなことを思いながら2年くらいは仕事をしていたんですけど、ふと、この仕事をずっと続けてていいのだろうかと疑問に思うようになりました。
就職活動の際にあまりちゃんと職種選びを考えていなかったので、入職後のイメージが入職前のイメージとだいぶ違いましたし、これは失敗したと思いながら仕事をしていました。そんなこんなで転職の意思が固まってきました。

なぜ介護の仕事に?

自分が本当にやりたいこととか、成し遂げたいことを考えたら、やっぱり人のために仕事をしたいなって思ったんです。昔から、人に接するのは得意な方だったので、ボランティアとかで社会福祉団体で介護の体験などをしたことがありました。その時楽しかったなって思い、介護業界に転職を考え始めました。

転職前にしたことは?

学生時代の経験もあったので、まずは社会福祉協議会に行きました。そこで、福祉人材センターもあると知り、自分の家の近くに求人があるか、どういう資格をとるべきか、費用はどれくらいかかるかなど色々情報収集をしました。
介護職はボランティア以外未経験でしたし、資格だけでも取っておいた方が良いと思い、ホームヘルパー2級を受講し、取得しました。お金も手間もかかりますが、資格があるほうが転職もしやすいし、転職後の待遇もよくなるので、取得しておくべきだと思います。それに、資格の勉強中に、本当に自分は介護が好きかどうかということを再確認できます。

転職先に求人はどう絞り込んだ?

まず、未経験だったので、実務経験を積むために介護施設であること、給料は手取りで15万円以上であるところ、週休2日であること、高齢者の方をいたわる雰囲気があることなどをメインの転職先選びの軸にしました。特に夜勤の有無があるかなどは気にかけませんでした。こうして、あらかじめ自分の希望を絞っておくと求人情報は見つかりやすくなります。

転職までにかかった期間とやり方は?

まず、未経験だったの福祉人材センターとホームヘルパー2級の受講先からの紹介が主です。そのうちから4つの介護施設に応募して、最終的に1社から内定をいただきました。1つは書類選考で落ちて、1つは面接で落ちて、もう1つは面接時に自分の方から辞退させてもらいました。
半月ほどかけて転職活動をしました。面接の際には未経験だとアピールする材料がないので、なんでこの仕事をやりたいかということに関してしっかり説明できるようにしました。スキルがないのに、志望動機もないと通してくれるわけがありません。また、施設の見学に関しては、プライバシーなどの問題からできませんでした。

最終的な決めては?

転職活動は、別にいつ終わるかなどは自分で決められます。なので、ここなら仕事をしたいという環境が見つかったらそれが終わりだと思っています。最終的に今の施設に決めたのは、電話対応がしっかりしていた、介護業界に対する考察が優れていたなどの理由が挙げられます。
転職は確かに選ばれる立場で臨むものですが、最低限のハードルは自分の中で持っておかないと、転職後に後悔することになってしまいます。ですので、先程も言いましたがあらかじめ自分の希望を整理しておくことが大事なんです。

選考対策なら転職エージェントに

ここまで、転職のプロセスやその時に心境などに関しての体験談をご紹介してきましたが、4社受けて内定をもらったのは1社だったというお話がありましたね。この方は未経験とはいっても、4年制大学を卒業していて、歳も20代半ば、ホームヘルパー2級の資格を持っている、ここまで聞くと正直何も申し分ないような経歴に思えます。
介護の転職業界は売り手市場だから選考は通りやすいのは事実です。しっかり対策をしている子の方でさえ、4社に1社なのです。もし、選考に関して不安に思っている方がいましたら転職エージェントを利用することをオススメします。専任のコンサルタントが、書類の書き方のアドバイスから、面接の同行まで、あなたの選考率UPに尽力してくれます。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の体験談