介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

老人保健施設の介護職へ

総合病院でメディカルクラークをしていた、30代半ばの女性の転職の体験談です。ホームヘルパー2級を有して、老人保健施設への転職を果たしました。

老人保健施設の介護職への転職(30代半ば・女性)

どういう経緯で転職をした?

そもそもメディカルクラークというのは、カルテなどの検査書類を整理する仕事なんです。人員不足の際には看護師の指示で、病棟の業務の手伝いもしますし、食事の介助など介護分野の仕事をすることも多々ありました。実際にやってみると、思っていたよりも全然面白く感じて、直接人と触れ合合う仕事の方が自分に向いているんじゃないかなと思いました。
そこで、まず知識を深めるために、前の職場をやめてホームヘルパー2級の講座を受けて、資格取得後に転職活動を始めました。資格を持っているからといって未経験の状態でホームヘルパーをやるのは不安だったので介護施設への転職を考えました。
いざ転職活動を始めると、施設を選ぶ余裕などありませんでした。特別養護老人ホームや有料老人ホーム、デイサービスなど色々見ましたが、30代半ばという年齢がネックになってなかなか難しかったです。常勤の求人は30歳までのところが多く、面接では結婚の予定に関して詳しく聞かれました。
精神的にきつい面もありましたが、年齢制限をしている求人でもコンタクトを取ってみると案外、面接できると所も多かったのでまずは、アクションを起こすことが大事だと思いました。結果、新規開設のスタッフを募集している老人保健施設に転職することが決まりました。

転職をしてどう感じた?

実績のある介護施設では、ある程度仕事内容も定まっていて楽に感じるかもしれませんが、新しく位置から作っていくという感じも悪くないですよ。新しいスタッフ同士で意見を出し合って、どうすれば良い介護ができるかを徹底的に話して、仕事を進めていきました。大学のサークルのようなイメージでにぎやかで楽しい雰囲気で仕事ができました。
しかし、専門の新卒の方が多かったので、友達感覚になってしまうことが多々ありました。これが難点です。また、仕事を頼まれると断りにくいし、おとなしい方が仕事を引き受けて抱え込んでしまうということもありました。内部でしっかりとリーダーシップを発揮して引っ張ってくれる人がいると良いのかもしれませんが、今のところはいません。自分がもっと経験を積んで、そういう側に回っていきたいと思っています。

老人保健施設への転職は転職エージェントのご利用を

老人保健施設や特別養護老人ホームへの転職を考えているのであれば、転職サイトを利用すると、とてもスムーズに転職できます。先程の体験談で、「新規事業所の方が自分で作っていく感じが楽しいと思っている」とありましたが、自分でそういう施設を探すのはなかなか大変です。転職エージェントを利用すると、そのような転職先に希望を持っている方でも、それをコンサルタントに伝えるだけ、数万件という求人情報から絞りこんであなたに紹介してくれます。時間も手間も大幅に削減できます。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の体験談