介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

社会福祉協議会のホームヘルパーへ

元々民間企業で、登録ホームヘルパーとして介護の仕事に従事していた社会福祉士の資格を持つ30代半ばの女性が、社会福祉協議会と民間企業への転職をするまでの体験談です。転職をお考えの方にとっては有益な情報となっています。

社会福祉協議会のホームヘルパーへの転職(30代半ば・女性)

どういう経緯で転職をした?

元々、民間企業で介護の仕事をしていましたが、高齢者の方の家で問題が発生した際に、全然対応してくれなかったんです。問題に対して改善を働きかけることもしてくれませんでしたし、アドバイスすらくれませんでした。
ホームヘルパーとして一人で派遣される場合は、自分だけではどうしようもないことが多いので、このままではしんどいと思っていました。そんな時に、社会福祉協議会の介護の求人を見つけて、実際に足を運んで面接を受けて、登録したんです。あと、他の民間企業にも登録して、その2社に転職しました。

転職をしてどう感じた?

社会福祉協議会は介護保険制度の開始以来、民間企業によって仕事を奪われて、大変な状況なんですね。登録して仕事をさせてもらっているホームヘルパーも、常勤でない以上、来年も同じように仕事をできるかどうかはわからない状態です。
現在となっては、民間企業と社会福祉協議会は同じ扱いを受けていますが、昔は公的機関みたいな扱いだったので、ホームヘルパーの質も高く、研修体制も整っていると思っていました。でも、実際は民間企業とほとんど変わらず、マネジメント側の方や、主任のホームヘルパーがちゃんとしていないと、下で仕事をする人も大変なんです。
ですので、環境に頼ることはできません。自分次第です。手を抜く人もいますが、私はちゃんと意思をもって介護の仕事に臨んでいる人と仕事がしたいと思っています。現状では、社会福祉協議会は立場も安定していないですし、民間企業にも登録してリスクを減らしながら働いています。

転職希望者に何かアドバイスは?

登録してホームヘルパーをするのであれば、私のように複数の会社に登録するのがいいと思います。わざわざ仕事先で、複数登録していることを言うことはなく、しゃべらないまま働いて、そのうち自分が働きやすいと思ったところに重点を絞っていくのがベストな形です。
社会福祉協議会でも民間企業でもそうですが、上の人がどんな感じなのかは非常に重要だと感じます。ケアマネージャーという資格も、現場を知らずに取れる資格ですので、そういう人が上にいる環境は一番厄介ですね。これらをひっくるめて、転職をするのであれば、複数のところにまずほーむヘルパーとして登録して、実際に転職をする前にある程度働きながら目星をつけていくといいでしょう。

民間企業、社会福祉協議会への転職なら転職エージェントに

ここまで、民間企業と社会福祉協議会の登録ヘルパーへの介護転職に関して説明してきましたが、実際に働いてみることが重要だという話がありましたよね。それは、内部の情報収集をするため。転職エージェントを使用すると、実は働かなくてもある程度は職場の内情もわかってしまうんです。なぜかというと専任のコンサルタントが、職場の人間関係などの細かい情報まで知っているからです。このような貴重な情報を知れるわけですから、転職を考えているのであれば、是非利用したいところです。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の体験談