介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

介護老人保健施設への転職

介護老人保健施設の特徴や給料、メリット、そして介護老人保健施設の転職に関してです。介護老人保健施設への転職をお考えの方は参考にしてください。

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設とは、基本的には65歳以上の高齢者が入所しており、住宅での介護生活に復帰できるようにリハビリをする施設です。病院に行くほどではないが医療的なケアが必要な方が対象です。

特徴

似ている施設に、特別養護老人ホームがありますが、特別養護老人ホームは住宅への復帰を考慮に入れていません。そのため、個人リハビリなどの積極的なことしません。そこが、介護老人保護施設との違いです。先述したように、医療的なケアが目的となっており、食事介助や排せつ介助といった一般的な老人ホームでの仕事の他に、健康チェックなどの仕事も入ります。

まず、利用者を離床させ、誘導を行います。それから、朝食介助をして、排せつ・入浴の介助、適度な水分補給を行います。介護老人保護施設の場合は、これらの他に、個人リハビリ、健康チェック、往診などを行い午前が終わります。午後も基本的には午前と同じことをやりますが、場合によってはおやつの時間などがあります。夕食後に口腔のケアを行ってベッドに横になる介助をする、これが一日の大まかな流れとなります。

給料・年収

介護老人保護施設は、施設ごとに給料の違いあり、場所やその人の職種などによっても大きな違いがありますが、正社員の場合は月給16万円~23万円当たりなら妥当だと言えます。パートであれば時給850円~1150円というのが相場です。

普通の老人ホームより医療的な要素の比重が重くなるので、給料という観点から見ると他の施設と比較して優遇される傾向にあります。また、正社員であれば、基本的には夜勤手当や通勤手当といったお金の面での補助も出ます。社会保険完備というところも多いですし、資格取得の手当てを出してくれるなど福利厚生が整っていることが多いです。

介護老人保護施設のメリット

介護老人保護施設の給料や特徴をご説明しましたが、下記では介護老人施設で仕事をしていく上でのメリットをご紹介していきます。

  • より希望に沿った職場が見つかる
  • 給料が比較的高い傾向にある
  • 利用者が自立していく過程を見ることができる

より希望に沿った職場が見つかる

これは介護老人保健施設に限ったことではありませんが、施設の数は増加傾向にあります。求人をお探しの方は自宅に近い職場で働きたい、プライベートに合わせたいなど様々な希望があると思います。これらの希望に合った職場がきっと見つかります。

給料が比較的高い傾向にある

先述したように介護老人保護施設は医療的な補助をして自宅への復帰を目指す施設です。介護老人保護施設のように医療的な補助を行う施設は、介護施設の中でも給料が高い傾向にあります。

利用者が自立していく過程を見ることができる

これは特別養護老人ホームにない仕事のやりがいになります。介護老人ホームでは自宅への復帰を目指すわけではないので、消極的な介護にとどまります。一方、介護老人保護施設であれば、復帰を目指して積極的な介護を行い、結果として利用者が自立していく過程を見ることができ、非常にやりがいを感じることができます。

介護老人保護施設はこんな方にオススメ

介護老人保護施設の特徴や給料などに関して話してきましたが、この施設で働くのに吹いている人もいれば、そうでない人もいます。介護老人保護施設に向いている人は下記のような方です。

  • 施設で働きたいが、給料は多くもらいたい
  • 仕事に誇りを持って、積極的な介護を行いたい
  • たくさんの求人情報から合ったものを選びたい

介護老人保護施設への転職を成功させるポイント

介護老人保護施設の求人探し、転職をお考えの方の仕事探しの成功のポイントは、職場の内情を詳しく知ることにあります。求人数は多くありますが、求人情報に乗っている内容と実情に違いがあるということは、多々あります。プライベートを重視したいという希望で選んだ職場で夜勤が多くあるというようになってしまっては本末転倒です。

しかし、職場の内情を知るにはその施設の人の話を聞くしかありません。自分だけだと時間や手間が多くかかります。転職エージェントに登録して、サービスを受ければ、職場の人の実際の話を聞いた内情に詳しい専任のコンサルタントがアドバイスをしてくれます。希望を伝えれば、それにピッタリ沿った求人情報を紹介してくれるので、格段に効率も正確性も上がります。

介護老人保護施設への転職にオススメのサイト

介護老人保健施設への転職をお考えの方におすすめのエージェントは下記のサイトになります。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の施設形態への転職