介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

雇用形態別の給料比較

雇用形態が介護の仕事をする人の給料にどのように影響しているかを、比較表を用いて解説しています。雇用形態の違いは、福利厚生や残業の有無だけでなく、給料にも大きく影響するので、非常に重要です。

尚、給料の受け取り方法によって、金額に大きく差が出ることを考慮して、月給と日給、時間給をそれぞれ分けて比較・解説をしています。

介護の仕事における雇用形態別の給料比較

詳細データ

介護の仕事をする全国の介護労働者の雇用形態別の給料(月収・日給・時間給)に関しての比較の詳細データです。

月給の者 日給の者 時間給の者
労働者個別人数(人) 平均給料(円/月) 労働者個別人数(人) 平均給料(円/日) 労働者個別人数(人) 平均給料(円/時間)
全体 35,596 216,494 1,958 8,269 30,685 1,116
就業・勤務形態別 正社員 32,732 219,533 393 8,045 2,236 1,046
常勤労働者 32,534 219,758 364 8,006 973 981
短時間労働者 198 182,601 29 8,529 1,263 1,097
非正社員 2,435 176,187 1,541 8,315 27,759 1,121
常勤労働者 2,247 175,627 1,003 7,381 4,935 985
短時間労働者 188 182,890 538 10,057 22,824 1,151
無回答 429 213,419 24 8,961 690 1,158

※公益財団法人 介護労働安定センター 「平成22年度 介護労働実態調査 事業所における介護労働実態調査 所定内賃金(労働者属性等別)」を参考にして作成。

雇用形態別の給料のポイント

正社員と非正社員の給料には大きな差がある

月給で比較すると、正社員の給料は219,533が平均ですが、非正社員の給料は176,187円となっており、4万円以上の差がついています。一般的に昇給がしづらいと言われている介護業界において、この4万円の差は非常に大きいです。

短時間労働者として働くなら非正社員の方が良い

主婦の方をはじめとして短時間労働者として介護の仕事をする方も多くいます。正社員の方が常勤として働くなら給料が高いですが、短時間で仕事をしたいなら非正社員の方が給料は高い水準になります。

正社員でないと月収20万円は難しい

もちろん東京など給料が高い都道府県であれば、非正社員でも20万円を超える場合がありますが、それ以外の都市であれば20万円は正社員にならないと到達しないと考えましょう。これは正社員でないと、昇進しにくいことに起因します。

高い給料を目指す方にオススメの転職エージェント

今より高い給料の介護業界の職場に転職を考えている方には転職エージェントが人気です。雇用形態などを考慮した上で、アドバイスをもらえます。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の給料比較