介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

保有資格別の給料比較

保有資格が介護の仕事をする人の給料にどのように影響しているかを、比較表を用いて解説しています。資格を保有していると、資格手当の出る会社も多いですし、介護職の高給料の仕事の中には資格を保有していないとなるのが困難なものが多くあります。

尚、給料の受け取り方法によって、金額に大きく差が出ることを考慮して、月給と日給、時間給をそれぞれ分けて比較・解説をしています。

介護の仕事における保有資格別の給料比較

詳細データ

介護の仕事をする全国の介護労働者の保有資格別の給料(月収・日給・時間給)に関しての比較の詳細データです。

月給の者 日給の者 時間給の者
労働者個別人数(人) 平均給料(円/月) 労働者個別人数(人) 平均給料(円/日) 労働者個別人数(人) 平均給料(円/時間)
全体 35,596 216,494 1,958 8,269 30,685 1,116
保有資格別 介護福祉士 16,020 216,166 521 8,058 5,274 1,105
介護職員基礎研修 781 216,970 33 9,390 217 1,029
ホームヘルパー一級 1,784 216,678 61 7,308 941 1,135
ホームヘルパー二級 12,254 194,468 1,006 7,515 20,153 1,103
介護支援専門員 5,733 259,352 87 10,270 818 1,238
看護師・准看護師 4,961 262,173 197 9,778 3,402 1,353
PT・OT・ST 652 289,768 54 22,159 174 2,489
社会福祉士 1,183 243,075 12 8,847 137 1,049
福祉用具専門相談員 381 257,563 6 7,963 45 1,023
管理栄養士・栄養士 922 236,841 9 8,627 158 952
その他の資格 3,635 228,537 94 7,689 1,235 1,052
無資格 1,445 183,174 198 7,259 1,949 857
無回答 808 204,314 75 8,535 963 1,028

※公益財団法人 介護労働安定センター 「平成22年度 介護労働実態調査 事業所における介護労働実態調査 所定内賃金(労働者属性等別)」を参考にして作成。

保有資格別の給料のポイント

資格の有無は給料に大きく影響する

介護の業界において、資格を保有していることは大きな強みになります。ですので、介護福祉士やホームヘルパー2級は保有者が多い資格ですが、これらを持っているだけでも無資格とは1万円~2万円の給料(月給)差が出てきます。

一歩進んだ介護資格を持っていると武器になる

上記のような、比較的取得が容易といわれている介護資格の他に、社会福祉士や介護支援専門員などの資格を持っていると給料は飛躍的に上がります。月給にすると、無資格者の平均給料と6万円程度の差が付きます。

介護資格よりも医療寄りの資格保有者給料が高い

看護師・准看護師、PT・OT・STなど、医療に関わる資格を持っていると給料は大幅に上がります。これは、看護師にしかできない仕事が介護施設においてあるからです。PT・OT・STに関しても同様のことが言えます。

高い給料を目指す方にオススメの転職エージェント

今より高い給料の介護業界の職場に転職を考えている方には転職エージェントが人気です。保有資格などを考慮した上で、アドバイスをもらえます。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の給料比較