介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

勤続年数別の給料比較

勤続年数が介護の仕事をする人の給料にどのように影響しているかを、比較表を用いて解説しています。介護業界においては、仕事の勤続年数は給料に大きく影響します。勤続年数は長ければ長いほど高い給料になります。

尚、給料の受け取り方法によって、金額に大きく差が出ることを考慮して、月給と日給、時間給をそれぞれ分けて比較・解説をしています。

介護の仕事における勤続年数別の給料比較

詳細データ

介護の仕事をする全国の介護労働者の勤続年数別の給料(月収・日給・時間給)に関しての比較の詳細データです。

月給の者 日給の者 時間給の者
労働者個別人数(人) 平均給料(円/月) 労働者個別人数(人) 平均給料(円/日) 労働者個別人数(人) 平均給料(円/時間)
全体 35,596 216,494 1,958 8,269 30,685 1,116
勤続年数別 1年未満 3,753 191,257 317 7,742 5,001 1,058
1年以上2年未満 5,131 196,330 369 8,060 5,625 1,058
2年以上3年未満 4,189 201,584 279 7,866 4,186 1,086
3年以上4年未満 3,673 205,910 225 8,313 3,330 1,096
4年以上5年未満 3,177 211,921 161 8,502 2,435 1,140
5年以上10年未満 9,375 224,369 408 8,612 7,292 1,189
10年以上15年未満 3,150 250,430 97 8,841 1,367 1,249
15年以上20年未満 1,234 272,091 22 10,020 203 1,231
20年以上 721 309,073 16 11,619 46 1,296
無回答 1,193 214,782 64 8,605 1,200 1,131

※公益財団法人 介護労働安定センター 「平成22年度 介護労働実態調査 事業所における介護労働実態調査 所定内賃金(労働者属性等別)」を参考にして作成。

勤続年数別の給料のポイント

介護の仕事は続ければその分給料が上がる

これに関しては介護業界に限ったことではないかもしれませんが、少なくとも介護業界においては、勤続年数に応じて給料は上がっていきます。勤続年数が、20年を超えるころには、最初にもらっていた給料より10万円も高い値になります。

3年目が一つの節目である

勤続年数が2年以上3年未満の時、平均月給は20万円を超えます。これは仕事を始めて3年目に当たります。この時期に給料が上がらず、20万円を突破していないようであれば、今後の昇給にも期待できない可能性があるので、転職を考えてみると良いでしょう。

15年以上続けていると、責任者レベルでの仕事ができる

勤続年数が15年を超えていると、転職の多い介護業界からするとかなりのベテランです。ここまでいくと、事業のマネージャークラスとして介護の仕事に従事している頃です。そのため、給料は27万円以上と、とても高い給料になります。

高い給料を目指す方にオススメの転職エージェント

今より高い給料の介護業界の職場に転職を考えている方には転職エージェントが人気です。勤続年数などを考慮した上で、アドバイスをもらえます。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の給料比較