介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

ケアマネージャーへの転職

ケアマネージャーの特徴や給料、メリット、そしてケアマネージャーの転職に関してです。ケアマネージャーへの転職をお考えの方は参考にしてください。

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、利用者からの相談を受け、それに基づいてケアプランを作成し、介護施設への取り次ぎを行う職業です。ケアマネージャーの登録者数は平成20年までの登録者数は432,000人となっています。

仕事内容

仕事を行う場所は、主に、居住介護支援事業所や介護予防支援事業所、市域包括支援センターのほか、グループホームや特定施設、短期入所生活介護事業所などになります。

仕事は、まず介護が必要となった方、その家族に確認を取りながら、今までの生活を聞き、これからの生活をどうしていくかを考えます。それに基づいて介護サービスをどう利用していくかというケアプランの作成をします。

一度作成したケアプランは定期的に再チェックします。介護者や家族の事情に合わせて直すべきところはないかを確認していきます。こうした再評価は月に一回訪問して得た情報を元に行います。このように、在宅介護をしていく上で、介護者やその家族の不安を解消する職業です。また、他の介護職と兼業する場合も多いです。

給料・年収

ケアマネージャーの給料は、施設・雇用先によって変わってきますが、一般的には月給が23万円~28万円になることが多いです。また、年収は300万円~400万円当たりが相場だといわれています。

これは介護業界の中では高い水準です。また、ケアマネージャーの資格は取るのが比較的難しいため、それを考慮して資格手当10,000円程度出る場合もあります。しかし、仕事柄、仕事は休日出勤になることなどもあります。

ケアマネージャーの初任給は、大卒で企業に入るのと同程度の20万円~23万円が相場です。場合によっては25万円ということもあるようです。これらに賞与を考慮に入れると、初年度の年収は300万円弱程度です。

ケアマネージャーのメリット

ケアマネージャーは介護業界における資格の中では取得が難しいこともあり、メリットも多くあります。ここではケアマネのメリットのうち3つをご紹介します。

  • 比較的給料が高い
  • 体力的な負荷が少ない
  • 仕事が見つかりやすい

比較的給料が高い

ケアマネージャーは他の介護職より給料が高いのが特徴です。先述したようにケアマネージャーの給料は月給が23万円~28万円が相場です。これは国家資格である介護福祉士・社会福祉士の月給相場15万円~18万円と比較しても高水準の給料だと言えます。

体力的な負荷が少ない

介護福祉士などの介護業界の職業では、入浴の補助など身体に負荷がかかる仕事が多いのが現状です。しかし、ケアマネージャーの仕事はケアプランの作成やコミュニケーションが主な仕事なので、そこまで体力的に負荷がかからないので、続けやすい仕事と言えます。

仕事が見つかりやすい

介護施設は全国にあるとともに、施設によってはある一定数のケアマネージャーを雇用する必要があります。また、正社員としてだけでなく、時間を選んでパートタイムとして働くこともできるので、自分のライフスタイルに合った形で仕事を見つけることができます。

ケアマネージャーはこんな方にオススメ

ケアマネージャーはここまで説明してきたように、非常にやりがいのある仕事ですし、給料も他の介護職と比較すると高水準です。ケアマネの仕事には向き不向きがあります。下記にケアマネに向いているタイプを説明します。

  • 多少忙しくても給料を多くもらいたい
  • 体力的な負荷が少ない仕事がいい
  • 一つの仕事を長く続けていきたい

ケアマネージャーへの転職を成功させるポイント

ケアマネージャーへの転職のポイントは自分に合った働き方を選択できるどうかということです。ケアマネの職場では訪問介護を並行して運営している場合が多いです。本職をしながら併設施設で他の介護業務を兼務しなければならない場合などもあるので、事前にしっかり職場の内情などをつかむ必要があります。

また、今までの自分の経歴や専門性を生かした転職をできるかどうかなどもキャリアを考える上で重要になります。こういった点は、転職やキャリアプランのプロである転職エージェントに助言をもらうのが良いでしょう。職場の内情なども教えてくれるので、より理想的な転職・仕事探しが可能になります。

ケアマネージャーへの転職にオススメのサイト

ケアマネージャーへの転職をお考えの方におすすめのエージェントは下記のサイトになります。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の職種への転職