介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

介護事務への転職

介護事務の特徴や給料、メリット、そして介護事務の転職に関してです。介護事務への転職をお考えの方は参考にしてください。

介護事務とは

介護事務とは、介護のサービスを扱う施設において介護にかかる費用の請求やケアマネージャーの仕事のサポートをする職業です。介護事務の資格である介護事務管理士の試験は2ヵ月に1度行われますが、毎回1000人程度の介護事務管理士が誕生しています。

仕事内容

介護事務は様々な場所で需要があります。特別養護老人ホームや介護老人保健施設はもちろんのこと、デイサービスやショートステイ、グループホームといったところで活躍しています。

介護事務の仕事の大部分は介護報酬を請求する業務です。現在は介護における9割の費用を国と自治体が負担しているため、介護のサービスを行った時には利用者からは1割しか費用はもらいません。そのため、残りの9割を国や自治体に請求するために、介護保険制度に乗っ取って介護報酬の請求書を作ります。

上記がメインの業務ではありますが、利用者が負担する1割の費用の管理や集計も行う必要があります。利用者の状況によって減免が生じる場合もあり、介護保険よりも複雑な業務になります。これらに加えて、事務所にかかってくる電話を受けたり、施設に訪れた利用者の対応などもします。他にもケアマネの業務のサポートなど介護事務の仕事は多岐にわたっています。

給料・年収

介護事務の仕事は様々な場所で行われているため、それぞれの職場の環境にもよりますが、平均的には月給15万円~23万円当たりが相場だと言えます。年収はこれらに手当が加算され、200万円~350万円程度です。

また、施設の状態によってはボーナス等も発生するので上記の有料目安を超えることもあるようです。アルバイトやパートで仕事をする場合は時給800円~1000円程度で、月給で20万円超を超えることもできます。しかし、実際にはパートなどは主婦が多いのでフルタイムで働く人は少ないのが現状です。

介護事務の初任給の相場は15万円~20万円弱当たりが相場です。国家資格である介護福祉士や社会福祉士よりそこまで給料が低いということはないようです。雇用形態を選べるメリットを考えると介護事務も十分良い選択肢でしょう。

介護事務のメリット

介護事務の仕事内容が多く大変だという人もいますが、実は多くのメリットがあります。介護事務のメリットのうち3つをご紹介します。

  • 勤務スタイルが柔軟である
  • 仕事が見つかりやすい
  • 基本的には力仕事が必要ない

勤務スタイルが柔軟である

主婦でも、若い方でも、シニアでも、それぞれに合った勤務体系で仕事をすることができるのが魅力です。子育てがあるからパートで働く日にちや時間を指定したい場合や、仕事だけでなくプライベートも充実させたいといった個々の事情に合わせて仕事をすることができます。

仕事が見つかりやすい

老人ホームやデイケアの施設は全国にあります。そのため、介護事務の仕事は都会に限らず地方にもあり、基本的にはどこに住んでいる方でも仕事を見つけることができます。また、介護職は今後もニーズが高まっていくのでより需要が出てくる職業です。

基本的には力仕事が必要ない

他の介護職の業務も兼任する場合もありますが、介護事務専任であれば、基本的には力仕事はありませんので、シニアの方や力に自信がない方でも安心して業務を行うことができます。

介護事務はこんな方にオススメ

介護事務には様々なメリットがありますが、この仕事に向いているタイプもいればそうでない場合もあります。下記には介護事務の仕事が合う方の特徴をご説明します。

  • 介護業界で働きたいが、給料も一定以上欲しい
  • 人と話したり、手助けをするのが好き
  • 自分のライフスタイルに合わせて働きたい

介護事務への転職を成功させるポイント

先述したように、作業療法士の活躍の場は、病院やなどの医療機関、特別養護老人ホームなどの介護施設、または、保健センターなどの行政機関、そして訪問介護といったように多岐にわたります。

そのため、作業療法士の仕事探しや転職で一番大切になることは情報の整理です。職場が違えば、もちろん給料や待遇にも差ができます。これら多くの情報を一つ一つ整理して自分に本当に合った職場を探しましょう。しかし、これらを一人でやると膨大な時間と手間がかかります。転職エージェントにアドバイスを求めれば、職場の条件を自分の希望をうまくマッチングしてくれ、理想的な仕事探しが可能となります。

介護事務への転職にオススメのサイト

介護事務への転職をお考えの方におすすめのエージェントは下記のサイトになります。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の職種への転職