介護求人サイトの比較ランキング

menu

介護転職サイトなび

社会福祉士への転職

社会福祉士の特徴や給料、メリット、そして社会福祉士の転職に関してです。社会福祉士への転職をお考えの方は参考にしてください。

社会福祉士とは

介護福祉のお仕事に従事されている方なら知っているかもしれませんが、社会福祉士はソーシャルワーカー(生活相談員)の国家資格で、介護福祉士などと並んで三福祉士の内の一つです。社会福祉士の登録者数は年々増え続け、平成24年までの登録者数は157,000人となっています。

仕事内容

特別養護老人ホームや介護老人保健施設、病院などの施設で仕事をする場合や、社会福祉協議会や福祉事務所といった行政機関で仕事をする場合もあります。

基本的には利用者の相談を受け、それに対して適切なアドバイスをするのが仕事です。また、利用者の家族や特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどのケアマネと連絡を取り合い、入所や通所のサポート・円滑化を行います。

上記が主要業務になりますが、職場の環境によっては実際の介護現場に入り、利用者の食事のサポートや入浴の補助などの業務を行う、介護事務を行うなどといった例もあるので、事前の確認が必須です。また、社会福祉の相談や援助の専門家としての国家資格なので、責任のある仕事と言えます。

給料・年収

社会福祉士の活躍の場は沢山あり、給料はそれぞれの環境で変わってきますが、民間の介護施設で仕事をしている場合の平均は、月給が15万円~17万円、年収が200万円~400万円当たりが相場といわれています。

高い給料とは言えませんが、国家資格である社会福祉士を持っていることで資格手当として数千円程度給料が上がることもあります。また、年収は勤続年数に応じて増えていきますが、そこまで急激に昇給することはありません。

社会福祉士の初任給は、14万~16万程度と考えておけば大きなずれはありません。年2回賞与があると考えて、20代の年収は200万~300万円となることが多いでしょう。

社会福祉士のメリット

社会福祉士は国家資格ですので、様々な面でメリットがあります。社会福祉士のメリットの内の3つをご紹介します。

  • 転職がしやすい
  • 施設によっては手当が出る
  • 今後、独立も視野に入れられる

転職がしやすい

最近は、人の考え方が多様化し、個々の不安や相談も複雑になってきているため、社会福祉士のニーズは高くなっています。それに加えて、今の介護業界は人材不足なので、比較的転職は成功しやすいと言えます。

施設によっては手当が出る

決して高水準とはいえない給料ですが、先述したように、職場や施設によって社会福祉士の資格を持っているということで3,000円~10,000円程度の手当が出るパターンがあるので、事前に確認しておくことで給料UPが見込めます。

今後、独立も視野に入れられる

独立も視野に入れられるのは社会福祉士として働くことの大きなメリットと言えます。日本社会福祉会でも独立を促す活動をしています。その際はケアマネージャーなどの資格も取られる方が多いようなので、視野に入れておくと良いかもしれません。

社会福祉士はこんな方にオススメ

社会福祉士の仕事の現場や給料体系、キャリアに関してご紹介しましたが、社会福祉士には向いている方も、そうでない方もいます。下記に社会福祉士に向いている方の特徴を説明します。

  • 人の相談に乗ったり、提案するのが好き
  • 給料にプラスして手当が出る方が良い
  • キャリアアップ、独立も視野に入れたい

社会福祉士への転職を成功させるポイント

社会福祉士への転職やお仕事探しをする上で大切なことは、業務内容と職場環境の把握です。社会福祉士は、相談や助言が主業務ですが、先述したように介護の現場に実際に入る職場もあります。社会福祉士としての業務をやりたいのならば、職場の業務や環境を知っておく必要があります。

介護現場に入ることがあるのか、手当は出るのかなどの情報は個人で調べても出てきません。実際に職場で働いている人からの口コミ、第三者からの評価などの情報を得られる転職エージェントにアドバイスしてもらうのが良いでしょう。

社会福祉士への転職にオススメのサイト

社会福祉士への転職をお考えの方におすすめのエージェントは下記のサイトになります。

正社員希望で、埼玉県・千葉県・ 東京都・神奈川県に在住の方はこちら。

上記に当てはまらない方はこちら。

その他の職種への転職